MovableType(MT)・MT4・ホームページ制作・デザイン・ビジネスブログ・テンプレート・カスタマイズ・WEB作成・大阪

カテゴリーによって表示する情報を切り替える

2007年10月25日(木)17:25

カテゴリーによって表示する情報を切り替えるプラグイン

カデゴリー事に表示を切り替えることができるプラグインです。 「このカテゴリーにはこのバナーを表示したいな〜」って時にこのプラグインで可能です。

 

Supplemental Category Tags』で配布されている[mtcatx-1_5.zip]をサイトに行ってダウンロードして下さい。

使い方は、まずダンロードしたら『catx.pm』、『catx.pl』、『license.txt』、『readme.txt』というファイルがあります。

『catx.pm』をMTがインストールされている『extlib』フォルダの『bradchoate』というフォルダにアップロードして下さい。(アップロードするファイルがない場合は作成して下さい。)

次に『catx.pl』をMTがインストールされている『plugins』にアップロードして下さい。

次にMTのカテゴリー・アーガイブテンプレートにカテゴリー事のソースを用意します。

<MTIfPrimaryCategory name="表示したいカテゴリー名">
-----------ここに表示したいソース---------------
</MTIfPrimaryCategory>

これで完了です。

例:カテゴリーがA、B、Cがある場合、それぞれに違う画像を表示したい。

<MTIfPrimaryCategory name="A">
<img src="<$MTBlogURL$>img/A.gif" alt="Aの画像">
</MTIfPrimaryCategory>

<MTIfPrimaryCategory name="B">
<img src="<$MTBlogURL$>img/B.gif" alt="Bの画像">
</MTIfPrimaryCategory>

<MTIfPrimaryCategory name="C">
<img src="<$MTBlogURL$>img/C.gif" alt="Cの画像">
</MTIfPrimaryCategory>

と表示したいところにすべてのソースを記述します。 そして『再構築』するとカテゴリー事に表示する画像を切り替えることができています。

※画像以外でもOKです。


このページトップへ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(スタイル用のHTMLタグが使えます)

 


このページトップへ

お問い合わせ

ホームページ制作コミュニティサイト、自治体・地域ポータル、学校、社内グループウエア、不動産、企業のホームページ作成、病院のホームページ作成、学校のホームページ作成、ショップのホームページ作成(Eコマースなど)、不動産のホームページ作成、会社のホームページ作成、個人のホームページ作成、社長ブログ作成などの導入事例があります。

豊富な実績でホームページにMovableType導入をサポート致します。
MovableTypeのカスタマイズ・制作はお任せ下さい。

ホームページ制作お問い合わせ

このページトップへ